廃墟

Dyckia ‘Wasabi’

ディッキア ワサビ

山形は周りの山々が白くなってきました。
今週こそは室内に取り込むぞ!と心に誓い3週目・・・。
未だ室外にいるディッキア達。明日からぼちぼち本気を出して室内に取り込み開始です。
そろそろ朝の気温が0度近くなるので焦っているのです。
日中は暖かいのですがね〜。

さて、先程、かなり昔の写真を整理していたのですが、フイルム時代の写真が沢山出てきました。
私はコンタックスという、ちょっとマイナーなカメラを使用していまして、廃墟仲間と全国の廃墟を撮影して回っていました。
川崎夜行のコンビナート群、足尾銅山の廃鉱山、今思うとゾッとするぐらい怖いところでもバシバシ撮影していました。
(心霊的な意味で)
lithium*のダークは写真のルーツは、廃墟なのかもしれませんね。

コンタックスに始まりハッセルブラッドなど、中判カメラにまで手を出す始末。
フィルムも変態的なコントラストの「フォルティア」や「ベルビア50」ばかり使っておりました。
そんなあの頃の記憶がビビビと蘇った夜。
ちょっと思い出に浸ってみます。

写真はQさん作出の代表株。ワサビです。
HU-5 x Bill Bakerの選抜個体ですが、刺とワサビ色のコントラストが美しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。