竜と雷

Myrchillocactus geometorizans f. crist.

竜神木綴化

今日は竜神木綴化。
雷神閣とどっちが好き?と言われると困ってしまいます。
大きな雷神閣を見たことが無いのでわかりませんが、大きな竜神木綴化は強烈だったので雷神閣も楽しみです。
立派になるまで何年かかるか想像もつきませんが、最高の環境で育てていきたいですね〜。

さて、話はガラッと変わりまして、ボールペンの話です。
私は左利きなのですが、文字を書くのも、箸も、ボールを投げるのも全て左手で行います。
左利きの人なら分かってもらえると思うのですが、一番の悩みはボールペンじゃないでしょうか?

自動販売機 → お金を入れるの大変ですが、最近買ってない
自動改札 → 慣れれば大丈夫
マウス → 昔は右利き用しかなかったので慣れた
ハサミ → コツをつかめばグニャッとならない
ファミレスのスープバー → 両方尖らせてほしい

とまあ、上記は慣れてしまえばどうって事ないのですが、ボールペンだけは本当にストレスです。
ご存知の通り、ボールペンはペン先に極小の鉄球が付いており、回転してインクを絡めて紙に書いていく訳です。
右利きの人は引っ張りながら書く感じになるのですが、左利きの人は押しながら書いていく事になるんですね。

押しながら書いていると、すぐにペン先がダメになってしまうのです。
インク満タンなのに擦れて書けないのです。
きっと無理な力がかかってペン先を破壊してしまうのでしょう・・・。
付箋が特に厄介で、あのツルツルとした独特の表面のせいか、ほぼ十割の確率で途中で擦れて書けなくなってしまうのです・・・。
書けなくなる度に事務の子にペンをあげるのですが、使い切れないぐらい溜まってしまいました。
そこで、書き心地の良いペンを求めて、会社帰りに書店で試し書きしまくり、かなり調子のいいペンを見つけました。

その名は「uni パワータンク0.5」です。

このペンは本当に優秀で、圧縮された空気がインクを押し出す仕組みのようで、今の所全く擦れる事なく使用できています。
あの憎たらしい付箋にも、すらすら〜っと書けてしまうのです。
左利きの方、当ブログを見ていたら是非使ってみてください。きっと驚くはずですよ〜。

かなり脱線してしまいましたが、オススメボールペンのお話でした(笑)

ではまた〜。

2 thoughts on “竜と雷

  • ボールペンの話はさておき(笑)

    立派な竜神木の綴化ですね〜。
    うちの高さ10センチものとは比べ物にならない雰囲気です( ´Д`)

    なかなか成長してる実感がないんですがらこんなもんなんでしょうか…?

    • いだたかさん、こんばんは。

      ボールペンの話、ついつい感情が入ってしまい長文になってしまいました(笑)
      気にしないでくださいね

      竜神木綴化ですが、なかなか成長しませんよね。
      これから動く所(成長する所)が若々しい緑色になるのですが、今年に入ってまだ変化が見られないです。
      そろそろだと思うんですが・・・。
      毎年夏前にグワ〜っと成長する感じですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。