温室その後

ディッキアの室内温室初めての温室。試行錯誤を繰り返し、ディッキア達にとって最適な環境に近づる為、四苦八苦しています。
温室のある部屋は床暖が効いていて、常時20度前後、湿度40%程。
温室内は25度、湿度70%です。
できれば35度付近まで上げたいのですが、電気代を見ながら許せる範囲まで上げるつもりです。
先週、近所のホームセンターで、保温の為に暖かそうなレジャーシートを購入して正面を除く面に貼りました。
正面のガラスには、梱包用のプチプチカーテンを取り付けています。(上記の写真は外してます)
これが功を奏し、温室内の温度が下がりづらくなりました。

日々の水遣りに関してですが、最初の頃は、一つづつ温室から出して行っていましたが、すごく時間がかかってしまうので、今は腰水管理にしています。
通風も考慮し、加温している時だけファンが回るように設定しました。
本当は24時間風を巡回させたいのですが、こちらも電気代と相談しながら・・・。

12 thoughts on “温室その後

  • おはようごさいます。
    サイトウさん!!今年もDyckia Lifeを楽しみましょう。
    2015年もBlog更新、楽しみにしています。
    さて!今年はどんなplantsに出会えるか!?!?笑

    • shigeさん、あけましておめでとうございます!
      今年もDyckia Lifeを満喫したいですね!ディッキア達に囲まれながらのコーヒータイム、暖かくなったら私も真似させていただきます(笑)
      今年もまったりBLOGを更新しますので、よろしくお願いします〜。

  • 明けましておめでとうございます!今年もディッキアを愛でていきましょう!w
    うちの屋根裏温室も加温すると極端に湿度が下がりまだまだ安定しません。。活着していない幼苗2つほど腐らせてしまったのでファンの導入も考えています。バランスをとるのが難しいですね。完成する頃には春が来ちゃいそう。。
    てか、中央に鎮座するMLのデカさにびっくりしました!!迫力ありますね!

    • YMさん、あけましておめでとうございます!
      ディッキア愛。なんて良い響きなのでしょう(笑)もちろん今年もディッキア達を溺愛しまくる予定ですよ〜。
      温室の件ですが、通風がこれほどまでに重要とは思っていませんでした。温室に入れたからと言って安心出来ないですね。本当にバランスを取るのが難しいと痛感しています。
      写真中央のMLですが、調子が良く、暖かくなったら一回り大きな鉢に植え替えないとダメですね・・・。花芽が出はじめたらすぐ切っているからでしょうか。葉に栄養が行き渡っている感じがします。

      • 開花体制に入ると母体はかなりの体力を消耗していることを僕も最近知りました。お気に入りのゴエリンギーが花芽を伸ばし始めてから葉が微妙にですが細くなり元気がなくなっているように感じたので開花前の写真と比べてみたら大分印象が違いました。なかなか最初に切ってしまう勇気がわきませんが次はそうしようかと思います。

        • YMさん、こんばんは!
          なかなか花目を切るのは勇気がいりますが、葉にとっては良いのかもしれませんね。枯れはしませんが、成長が激遅になってしまう気がします。トリコームがあるML等の個体は更に大変で、花の蜜でベトベトになってしまいます。脇芽もある程度間引いてやらないと、栄養が持って行かれてしまいますね。

  • はいさい!
    花芽切ったほうがいい感じに仕上がりそうですね
    今まさにMLとゴエリンギーの花芽出てているので切っちゃおうかなと迷っちゃいます(汗)
    温室の雰囲気、かなりカッコいいですね!
    屋外越冬で大丈夫なのですが温室憧れちゃいます。
    かなり頑丈な温室にしないと台風に吹っ飛ばされちゃいますので実現にはほど遠いのですね。

    • はいさい!lyoさんこんばんは!
      花芽はホント躊躇しちゃいますね。結局ぶった切るんですが・・・(笑)
      温室を購入して気づいたのですが、花目が伸びると小さな温室には収まりづらいという欠点もあります。
      温室の写真を見ていただくとお分かりかと思うのですが、LEDライトがかなり場所を取ってしまいます。どうにかして光源を増やしたいのですが、温室外から当ててやるしかなさそうです。
      沖縄は温室いらずで羨ましい限りですね〜^^

  • lyoさんに続き、温室に憧れるもうひとりです〜
    通風ってどのように影響してくるのですか?室内と温室内でもちがいますか?

    • mmoffnさんこんばんは!
      温室良いですよ〜!是非mmoffnさんも!!
      通風の件ですが、目的は、温度の一定化と、湿気対策かと思います。25度前後の温室内ではあまり意味が無いかもしれませんが、腰水管理をしているとどうしても湿度が上がり、が高温になればなる程、葉に湿気が溜まりやすくなってしまいます。
      室内の場合、この時期は湿度が低くなるので、なくてもいいと思いますよ〜。

  • lithiumさん こんにちは
    本格的なワーデイングケースかっこいいですね。羨ましい限りです。
    私の室内ビニール簡易温室は温室と名前はついていても温度管理が難しく、以前お話しましたようにプチプチロール(1.2m×10.0m)を三重、四重にして前面以外をぐるぐる巻き状態に、前面を個別に四重にしてセツトしていました。今日、天気がいいので直射日光に当てようと鉢を温室から出していたところ30鉢位にうち10鉢の葉がカチッとしていない感じでしたので先端を引っ張ったところ、スポッと抜けてしまいお亡くなりなっていました。(涙、涙、涙・・・・・)見た目は正常に見えますが他の9鉢も同じ状況で忍者の十字手裏剣状態の葉を大量に床に並べて茫然としています。水槽用の小さな送風器を使用していましたので恐らく空気の循環が悪く蒸れたものと思います。上部に大事にしていたエステベシー、アリゾナ、米国交配等の比較的大鉢(腰水管理)を置いていましたが大半逝ってしまいました。温室内のそれ以外と温室に入れていないものは元気な状態ですので温室の管理はつくづく難しいと感じているところです。高温、腰水管理には空気循環が大事と思い知らせれました。正月そうそう悲しいお話をしましたがYMさんが言われるデイッキア愛が変わることはありません。
    しかしこのショックは半年は続きそうです。・・・・・・・・・

    • MoonCanalさんこんにちは!
      温室入りきらないのでもう一つ欲しくなってきました(笑)
      多数お亡くなりになってしまったということで、残念ですね・・・。私も先日、風の当たらない隅の方においていた個体が死亡してしまいました。Dyckia ‘Brittle Star’F1 tc 組織培養苗とd.south bay cvTiborだったので、貴重な個体だっただけに凄くショックです。こちらも腐って中心部がヌルっと抜けてきました。いつになってもあの感触は嫌ですね。今までは加温している場合のみファンを回していましたが、慌てて常時ファンを回すことにしました。(しかも強で)ファンを回していても風が来ない所は要注意ですね。高い勉強代になってしまいましたが、繰り返さないように気をつけなければ・・・。リスク回避のために大事にしているJaws等は、2鉢の内1鉢をリビングに置くことにしました。全滅は怖いですからね。

      そして、室内灯が当たっていない個体に徒長が見られ始めました。
      水を切ったらいいのか、腰水が良いのかわからなくなってきました。今年は実験の年になりそうです。

      MoonCanalさん、気を落とさずに今年もディッキアライフを満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。