意地悪

Kalanchoe-orgyalis

Kalanchoe orgyalis

カランコエ・オルギアリス

かなり意地悪して、カラッカラの状態で育てているオルギアリス。
大きさと鉢のバランスからいうと、きっと根鉢になっているんだろうな。
鉢を大きくした時の爆発力を見たいのですが、もう少し我慢です・・・。

まだ葉は落ちていないのですが、落ちた葉から根が出て増えるそうです。
なんという生命力!

葉の表は茶色のトリコーム。裏は銀葉。
ステキ極まりない個体なのであります。

6 thoughts on “意地悪

  • ベンケイソウ科であればAdoromischusの変態レベルが高いのでお勧めします。
    Dudleyaは綺麗なんですが大概は高山性で暑さに滅法弱いので寒冷地以外では育てるのが大変です。

    • ELさん、こんばんは!
      早速おすすめのAdromischusを画像検索しましたが・・・。
      ヤバいですね(笑)
      bicolorとか鳥肌が立ちます。かなりキモいというか、変態レベルMAXですね、是非欲しいです。
      Dudleyaという品種も真っ白でキレイですね。寒冷地という事で、東北でも無理なんでしょうかねぇ〜。

      新たな領域を紹介して下さってありがとうございます。
      おかげで「ベンケイソウ科」ハマりそうです。

  • 小型・中型アロエもいいですよ。

    Aloe calcairophila
    Aloe longistyla ‘nelii’
    Aloe parvula
    Aloe peglerae

    このあたりが僕の好みです。

    • ELさんこんばんは!
      お教え頂いたアロエを調べてみたのですが、どれもアロエとは思えぬ、ステキな出で立ちですね。
      特に「Aloe calcairophila」はディッキアに通じる物がありますね。「Aloe longistyla ‘nelii’」は刺がエラい事になっていますね(笑)鬼切丸の刺がアロエ界の最強と思っていましたが、さらに上を行く物がいたとは・・・。
      恐れ入りました。

      しかし、上記の品種は、なかなか売っている所が無いですね。希少性も魅力の1つですね!
      ELさんの好みの種という事は、間違いの無い品種だと思うので、私も是非手に入れたいです。

      ありがとうございました!

  • はいさい!lyoです。
    ダドレア奇麗ですが沖縄の蒸しには不向きで結構大株を育てていたのですがスコールの後のガンガンの日照りな天候に一気にやられました。見るとまた欲しくなるあの白さは魅惑なホワイティーです。
    このカランコエとポットのバランスもかなりセンスがいいのでヤラれました!!

    • はいさい!こんばんわ!
      ダドレア、白くてキレイですよね!私も欲しいのですが、難しそうなので保留状態です。山形の深夜の温度は10度を切ってきました・・・。
      そろそろ本気で温室を買わなければなりません。温室だけだと良いのですが、ボルクス灯や加温設備も必要ですので財布が軽くなりますね〜(笑)

      実は写真のポット、作りがいい加減で、受け皿とポットが上手くハマりません。
      受け皿自体も歪んでいて、がたがたアンバランスなのです。
      そろそろ大きい鉢に植え替えたいのですが、寒くなってきましたので、来年かなぁーと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。