鉢のこと。

ふと、鉢の事で気になったのですが、素焼き鉢とプラ鉢とで土の温度が違うのでは?と思い、
Google先生で検索した所、やはり素焼き鉢は、気化熱で冷えてしまうらしい。

私の鉢は全て素焼き。

プラ鉢の方が保温出来て良いのかな〜。
と悩んでます。
いくら室温常時23〜4度とはいえ、鉢を触るとひやっと冷たいので最近気になっているのです。
以下に素焼き鉢とプラ鉢の特徴をまとめてみました。

●素焼き鉢
・おしゃれ!
・かっこいい!
・素敵!
・重いので移動の時疲れる。
・鉢の表面から水分が蒸発するので、水やりをこまめにする必要がある。
・蒸発の気化熱で鉢内の気温が下がり、植えた植物は夏バテしにくくなる。
・冬場は土が冷える
※ちなみに、山野草栽培では、焼いた鉢でも、窯元によって生育に違いが生まれるそうです。

●プラスチック鉢
・かっこいい物があまり無い
・軽いので移動が楽。
・呼吸しないので、素焼き鉢より根腐りする確率が高くなる。
・素焼きに比べ、保温効果がある。

こんな所でしょうか?

それぞれに良い所がありますが、暑い気候の植物はプラ鉢の方が良いのでしょうか?

誰か教えてヘルプミー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA